Q.OSのバージョンアップをしたら印刷できなくなった

A.プリンターのドライバーが新しいOSに対応していないかもしれません。

プリンターの最新ドライバーをメーカーサイトからダウンロード、インストールしてみましょう。
ただし、古いプリンターによっては、最新のOSをサポート対象にしていない場合もあります。

ドライバーの検索方法
「プリンタードライバー」と「ダウンロード」、「プリンターのメーカー名や型番」を、インターネットで検索してみましょう。
例:「プリンタードライバー ダウンロード キャノン MP7130」
ドライバー検索
※各単語の間には、スペースを入れて区切りましょう。型番が分かっている場合は、入力するとより確実に検索できるかもしれません。

適していないドライバーをそのまま利用すると、最初は使えているように見えても、徐々に不具合が発生してくる場合もあります。
OSに適切なドライバーを利用しましょう。

Q.ウィルスに感染してしまった場合はどうすればいいの?

A.インターネットの接続を切りましょう。そして、お使いのセキュリティ対策ソフトでの「フルスキャン」をおこなってください。

遠隔操作によって、勝手に自分のメールアドレスを使ってウィルスに感染したメールが配信されてしまったり、パスワードやメールアドレスなど大切な個人情報が抜き取られていくかもしれません。更なる感染の防止と、遠隔操作防止のためにルーターの電源を切ったり、LANケーブルを抜いたりしてまずはインターネットの接続を切断しましょう。

その後、お使いのセキュリティ対策ソフトを使ってフルスキャンをしましょう。
たいていのセキュリティ対策ソフトには、クイックスキャンという短時間でウィルスチェックが終わるものと、フルスキャンと言うパソコンの隅々までチェックする2種類が選択できるようになっています。
フルスキャンを利用することで、最新のウィルスがたとえ検知できなくても、ウィルスに仕込まれている情報を抜き取って行ったり、不必要な広告を出し続けるようなツールは検索できるかもしれません。

また、感染していない状況でも、定期的に、セキュリティ対策ソフトでのフルスキャンを行なうことをお勧めします。

セキュリティ対策ソフトを入れていたとしても、未知のウィルスに感染してしまう可能性はゼロではありません。そして、それはどこに潜んでいるかはわかりません。万が一のことは考えて、常に気を付けておきましょう。

Q.ワードの読み上げができない

A.Word 2010の読みに関するPC-Talkerの設定

Word 2010をPC-Talkerで使用する際、そのままでは読み上げない場合があります。それは、PC-TalkerがWordにマクロを組み込むことで読み上げを行っているためで、もし読み上げない場合は以下の手順でマクロを組み込む必要があります。

尚、以下の手順はWindows 7で、検索ボックスは使わずにスタート メニューから選択した場合を示します。

また、読みの記述はPC-Talkerです。

マクロの組み込み手順

  1. Windows ロゴ キーを押してスタート メニューを開きます。「検索ボックス」が選択された状態になっています。「スタート メニューオープン、プログラムとファイルの検索の文字入力」と読み上げます。
  2. 上方向 キーを押して「すべてのプログラム」まで移動します。
  3. 右方向 キーを押してサブ メニューを開き、下方向 キーを押して「MySupport」を選択してEnter キーを押します。MySupportのメニューが開きます。
  4. 上下方向 キーを押して「ツール」を選択してEnter キーを押します。ツールのメニューが開きます。
  5. 上下方向 キーを押して「PC-Talker 7の初期設定」を選択します。PC-Talker 7の初期設定のメニューが開きます。
  6. 上下方向 キーを押して「Microsoft Wordの設定」を選択します。
  7. 「ユーザーアカウント制御」の画面が表示された場合、「安全操作の画面」とPC-Talkerが読み上げるので、「はい」を選択してEnter キーを押します。
  8. 「Wordの読み上げを有効にする」を選択してEnter キーを押します。
  9. 「読み上げを有効にしました」のメッセージがあるので「OK」ボタンを押します。
  10. Alt + F4 キーを押して「MySupport」を終了します。

Wordの読み上げを有効にする設定ダイアログ ボックス

これでマクロが組み込まれ、WordがPC-Talkerで読み上げられるようになります。

また、リボンに「アドイン」タブが追加されます。


マクロの有効化

上記の操作でマクロを組み込んだにもかかわらず、Wordの読み上げを行わない場合があります。

それは、何らかの原因で、Wordに組み込まれたマクロ「WordTalker.dot」が無効になっていると思われます。

そのときは、以下の手順でマクロを有効にします。

  1. Alt キーを押して リボンへ移動します。
  2. 左右方向 キーを押して「ファイル」タブまで移動してEnter キーを押します。
  3. 上下方向 キーを押して「オプション」を選択してEnter キーを押します。「Wordのオプション」のウィンドウが開きます。
  4. 上下方向 キーを押して「アドイン」まで移動します。
  5. Tab キーを押して「管理:の選択、COM アドイン」まで移動します。
  6. End キーを押して「使用できないアイテム」を選択します。このとき音声はしませんが、Enter キーを押すと「使用できないアイテム」が選択され 「管理: 使用できないアイテム」と読み上げます。
  7. Tab キーを押して「設定」へ移動してEnter キーを押します。「使用できないアイテム」のウィンドウが開きます。
  8. Tab キーを1回押して リストビューへ移動します。このとき、Tab キーを押しても何の音声もしない場合は、使用できないアイテムがない状態ですので、Enter キーを押してウィンドウを閉じ、さらに「Wordのオプション」のウィンドウもEsc キーを押して閉じます。
  9. 何らかの音声が出た場合は、上下方向 キーを押して「WordTalker.dot」を選択します。
  10. Tab キーを押して「有効にする」へ移動してEnter キーを押します。
  11. Tab キーを押して「閉じる」へ移動してEnter キーを押します。「Wordのオプション」ウィンドウへ戻ります。
  12. Tab キーを押して「OK」に移動してEnter キーを押します。文書ウィンドウに戻ります。
  13. Wordを再起動させれば、PC-Talkerのアドインが再び使用できる状態になります。

(注) PC-Talkerのアドインの組み込みに失敗した場合にのみ「使用できないアイテム」に表示されるため、通常は手順8.までしか行うことができません。