Q.OSのバージョンアップをしたら印刷できなくなった

A.プリンターのドライバーが新しいOSに対応していないかもしれません。

プリンターの最新ドライバーをメーカーサイトからダウンロード、インストールしてみましょう。
ただし、古いプリンターによっては、最新のOSをサポート対象にしていない場合もあります。

ドライバーの検索方法
「プリンタードライバー」と「ダウンロード」、「プリンターのメーカー名や型番」を、インターネットで検索してみましょう。
例:「プリンタードライバー ダウンロード キャノン MP7130」
ドライバー検索
※各単語の間には、スペースを入れて区切りましょう。型番が分かっている場合は、入力するとより確実に検索できるかもしれません。

適していないドライバーをそのまま利用すると、最初は使えているように見えても、徐々に不具合が発生してくる場合もあります。
OSに適切なドライバーを利用しましょう。

Q.ウィルスに感染してしまった場合はどうすればいいの?

A.インターネットの接続を切りましょう。そして、お使いのセキュリティ対策ソフトでの「フルスキャン」をおこなってください。

遠隔操作によって、勝手に自分のメールアドレスを使ってウィルスに感染したメールが配信されてしまったり、パスワードやメールアドレスなど大切な個人情報が抜き取られていくかもしれません。更なる感染の防止と、遠隔操作防止のためにルーターの電源を切ったり、LANケーブルを抜いたりしてまずはインターネットの接続を切断しましょう。

その後、お使いのセキュリティ対策ソフトを使ってフルスキャンをしましょう。
たいていのセキュリティ対策ソフトには、クイックスキャンという短時間でウィルスチェックが終わるものと、フルスキャンと言うパソコンの隅々までチェックする2種類が選択できるようになっています。
フルスキャンを利用することで、最新のウィルスがたとえ検知できなくても、ウィルスに仕込まれている情報を抜き取って行ったり、不必要な広告を出し続けるようなツールは検索できるかもしれません。

また、感染していない状況でも、定期的に、セキュリティ対策ソフトでのフルスキャンを行なうことをお勧めします。

セキュリティ対策ソフトを入れていたとしても、未知のウィルスに感染してしまう可能性はゼロではありません。そして、それはどこに潜んでいるかはわかりません。万が一のことは考えて、常に気を付けておきましょう。

Q.メールの送受信ができない

A.メールの受信も送信もできない場合は、以下のことを確認してください。

  1. インターネットに接続できるかどうかを確認する
  2. メールアカウントの設定を確認する
  3. セキュリティ対策ソフトの設定を確認する

1.インターネットに接続できるかどうかを確認する

IEなどのブラウザを起動してホームページが表示できるかどうかを確認してください。
ホームページの閲覧ができない場合は、インターネットの接続そのものに問題があります。
インターネット接続の設定確認などをしてみましょう。

2.メールアカウントの設定を確認する

メールの受信設定が正しく行われていない場合があります。
全角、半角の間違いや、アルファベットと数字の入力間違い、誤字脱字などがないか、確認をしましょう。
パスワードが間違っていないか、入力し直してみましょう。

3.セキュリティ対策ソフトの設定を確認する

利用しているセキュリティソフトのセキュリティレベルが高すぎると、送受信を妨げる場合があります。
セキュリティソフトの設定が適切かどうかを、ソフトメーカーで確認してください。

Q.メールが受信できない

A.メールの受信だけができない場合は、以下のことを確認してください。

  1. メールアカウントが正しく設定されているか
  2. 容量の大きなメールを受信しようとしていないか

1.メールアカウントの設定を確認する

メールの受信設定が正しく行われていない場合があります。
全角、半角の間違いや、アルファベットと数字の入力間違い、誤字脱字などがないか、確認をしましょう。
パスワードが間違っていないか、入力し直してみましょう。

2.容量の大きなメールが来ているかもしれない時の対処方法

誰かから写真などの大きなデータを送られた時に、受信に時間がかかりすぎて制限時間内に受信できずにエラーになってしまう場合があります。
プロバイダーのWebメールが利用できる場合は、Webメールでそれらのメールを確認して、必要なデータをダウンロードしたり、サーバーのタイムアウトの時間を長く設定したりして対応しましょう。
プロバイダーがWebメールを使えるかどうかは、プロバイダーに問い合わせると分かります。
利用方法なども併せて確認しておきましょう。

メールアカウント詳細設定

サーバーのタイムアウト時間を設定するのは、メールアカウントの「プロパティ」から設定できます。
「サーバーのタイムアウト(T)」のメモリを「長い」方へスライドさせると、タイムアウト時間が長くなります。

 

ネット2

OSS接続をすると非常に長いSSID・暗号化キーが自動生成されます。
既にインターネット接続できているパソコンで無線親機の設定画面を開き、暗号化キーをコピーし、接続したい機器で設定する際に ペーストして接続します。

詳細は下記を確認してください。

インターネット接続できるパソコンで、無線親機のSSID・暗号化キーを確認します。
方法はこちら
パソコンを接続したい場合:
1)親機のSSID・暗号化キーをコピーし、テキストファイルにペーストして保存後、USBフラッシュメモリーなどに保存します。
2)USBフラッシュメモリーを無線接続したパソコンに取り付け、中を確認します。

スマートフォンを接続したい場合:
 こちらのFAQを参考に、SSID・暗号化キーをスマートフォンにメールで送ります。
パソコン・スマートフォンから無線接続します。

無線接続手順は下記をご確認ください。

・Windows 10
・Windows 8.1/8
・Windows 7
・Windows Vista
・Windows XP

・iPhone
・Androidスマートフォン