Windows 7 タスクに集中しやすくします

パソコンの操作に集中し、作業をスムーズに進められる様々な機能を設定できます。

コンピューターの簡単操作センター」を開く

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
    スタートメニューのコントロールパネル
  2. 「コントロールパネル」が表示されます。 「コンピュータの簡単操作」をクリックします。
    コンピューターの簡単操作
  3. 「コンピュータの簡単操作」が表示されます。 「コンピュータの簡単操作センター」をクリックします。

    コンピューターの簡単操作センター

機能の設定

「タスクに集中しやすくします」をクリック
時間制限と明滅画像を調整する
a対応している場合、画面上のアニメーションを無効にします。
bダイアログボックスが表示している時間を7秒、15秒、30秒、1分、5分と変えることができます。

Windows 7 サウンドの代わりにテキストや画像を使用

音が聞こえにくかったり、全く聞こえない場合、音声による情報を視覚的な情報にして表示することができます。

コンピューターの簡単操作センター」を開く

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
    スタートメニューのコントロールパネル
  2. 「コントロールパネル」が表示されます。 「コンピュータの簡単操作」をクリックします。
    コンピューターの簡単操作
  3. 「コンピュータの簡単操作」が表示されます。 「コンピュータの簡単操作センター」をクリックします。

    コンピューターの簡単操作センター

「サウンドの代わりにテキストまたは画像を使用します」の設定方法

「サウンドの代わりにテキストまたは画像を使用します」をクリックします。

サウンドの代わりにテキストまたは画像を使用しますaサウンドを視覚的な通知へ置き換えます(サウンド表示)(R)
Windowsでは、エラーが発生したり操作ミスをすると、システムが警告音を発しますが、この音を確認しづらい場合、希望する視覚的合図に変更する事も出来ます。

bキャプションを有効にします(利用可能な場合)(U)
対応している場合、音声情報をテキストとして見ることができます。

cオーディオデバイスとサウンドテーマ(I)
再生や録音録音をするデバイスの設定、イベントに適用されるサウンドの設定を行えます。

Windows 7のフィルターキー機能

マヒがある為にキーボードの上をすべるようにしてキーを打つ、不随意運動がある為にキーボードに誤って触れてしまうことがある場合などは「フィルタキー」機能が有効です。

コンピューターの簡単操作センター」を開く

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
    スタートメニューのコントロールパネル
  2. 「コントロールパネル」が表示されます。 「コンピュータの簡単操作」をクリックします。
    コンピューターの簡単操作
  3. 「コンピュータの簡単操作」が表示されます。 「コンピュータの簡単操作センター」をクリックします。

    コンピューターの簡単操作センター

フィルターキー機能のはじめ方

  1. 「キーボードを使いやすくします」をクリックします。
    キーボードを使いやすく
  2. 「入力しやすくします」の「フィルターキー機能を有効にする(I)」のチェックボックスをチェックします。
    フィルターキー機能を有効にします
  3. 「適用」をクリックするとフィルターキーが有効になります。

フィルターキー機能の設定

  1. 「入力しやすくします」の「フィルターキー機能のセットアップ(L)」をクリックします。
    フィルターキー機能のセットアップ
  2. フィルターキー機能のセットアップ画面が表示されます。
    フィルターキー機能セットアップ画面
    フィルタキーはショートカットでも設定できます。
    ①Shiftキー(右)を8秒間押し続ける
    ②「フィルタキー機能」ウィンドウが表示され、「フィルタキー機能を有効にしますか?」と質問されます。
    ③「はい」を選択すると、フィルタキー機能が有効になります。

フィルターのオプション

フィルターのオプション
a繰り返し入力されたキーを設定した時間、無視します。

キー入力の間隔と速度のセットアップ
b早いキー入力を無視して入力が認識されるまでの時間などをセットアップ画面で詳細に設定することができます。

キー入力の間隔及び速度のセットアップ

cキーを押してから入力都心指揮するまでの時間を設定します。

dキーを押し続けても無視されて、最初の1文字だけが入ります。

eキーリピートを開始するまでの時間(最初のキー入力を繰り返すまでの時間)を設定します。

Fリピート間隔(キー入力を繰り返すまでの時間)を設定します。

他の設定

他の設定
gフィルターキー機能が有効化されていることをタスクバーに表示します。
フィルターキー機能アイコン

Windows 7の切り替えキー機能

CapsLock、NumLockまたはScrollLockを押した時に、音を鳴らすことで、誤ったキー操作を防ぎます。

コンピューターの簡単操作センター」を開く

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
    スタートメニューのコントロールパネル
  2. 「コントロールパネル」が表示されます。 「コンピュータの簡単操作」をクリックします。
    コンピューターの簡単操作
  3. 「コンピュータの簡単操作」が表示されます。 「コンピュータの簡単操作センター」をクリックします。

    コンピューターの簡単操作センター

切り替えキーのはじめ方

  1. 「入力しやすくする」の、「切り替えキー機能を有効にします(O)」のチェックボックスにチェックを入れます。
    切り替えキー機能を有効にします
  2. 「適用」をクリックすると切り替えキーが有効になります。

切り替えキーはショートカットでも設定できます。
①NumLockキーを5秒間押し続ける
②「切り替えキー機能」ウィンドウが表示され、「切り替えキー機能を有効にしますか?」と質問されます。
③「はい」を選択すると、切り替えキー機能が有効になります。

Windows 7の固定キー機能

ログオンするためにCtrlキー、Altキー、Deleteキーを同時に押すなど、Windowsでは複数のキーを同時に押す操作が求められる時があります。
しかし、2つ以上のキーを同時に押すことができない場合は「固定キー」機能が役に立ちます。

コンピューターの簡単操作センター」を開く

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
    スタートメニューのコントロールパネル
  2. 「コントロールパネル」が表示されます。 「コンピュータの簡単操作」をクリックします。
    コンピューターの簡単操作
  3. 「コンピュータの簡単操作」が表示されます。 「コンピュータの簡単操作センター」をクリックします。

    コンピューターの簡単操作センター

固定キー機能のはじめ方

  1. 「キーボードを使いやすくします」をクリックします。
    キーボードを使いやすく
  2. 「入力しやすくします」の「固定キー機能を有効にする(R)」のチェックボックスをチェックします。
    固定キー機能を有効にする
  3. 「適用」をクリックすると固定キーが有効になります。

固定キー機能の設定

  1. 「入力しやすくします」の「固定キー機能のセットアップ(C)」をクリックします。
    固定キー機能のセットアップ
  2. 固定キー機能のセットアップ画面が表示されます。
    マウスキー機能セットアップ画面

固定キーはショートカットでも設定できます。
①「Shift」キーを5外続けて押します。
②「固定キー機能」ウィンドウが表示され「固定キー機能を有効にしますか?」と質問されます。
③「はい」を選択すると、固定キー機能が有効になります。

オプション
固定キーオプション

aチェックボックスにチェックを入れると、就職キーと呼ばれるCtrlキー、Altキー、ShiftキーやWindowsロゴキーを2回立てつづけて押すことで、そのキーを常に押されている状態にすることができます。

bキーボードの上の2つのキーを同時に押すことで、「固定キー」機能をその場で解除することができます。

通知
フィードバック
c固定キー機能が有効化されていることをタスクバーに表示します。
固定キー機能アイコン