岐阜県身体障害者利用施設協議会

岐阜県身体障害者利用施設協議会は、岐阜県内の身体障害者利用施設相互が連携し、運営や職員の資質の向上を図るとともに、身体障害者福祉の増進に寄与することを目的として、平成12年に設立された組織です。現在、12の施設が加盟し、事務局は岐阜市のみやこ障害者センターに設置されています。
  この協議会の、平成24年度の職員研修と施設視察が11月9日にソフトピアジャパンドリームコアで開催され、福祉メディアステーションを見学訪問いただきました。
  当日は、岐阜県BCP研修・訓練センターで、BCP(Business Continuity Plan)=事業継続計画について学んだあと、福祉メディアステーションにお越しいただきました。事業概要説明の後、展示してあるICT関連の福祉機器を見ていただきました。写真は、機器の説明に傾注される参加者の皆さんです。
  事業継続計画の重要性と防災に対する意識の向上及び災害発生後の初動業務の大切さを改めて認識した有意義な研修でした。

ソフこい祭り開催!

 今年で創設10年となるソフトピアジャパン文化祭「ソフこい祭り」が、10月13日に開催されました。

  実行委員長や熊坂理事長が開会のあいさつで述べていたように、久しぶりの快晴の下での開催とあって多くの人で賑わいました。
  市内の小中高生がソフトピアの企業を取材してまとめた作品を展示する「ソフトピア探検隊作品展示コーナー」では、福祉メディアステーションを取材した3作品すべてが栄えある受賞をされました。
  折りから、ノーベル賞で世論も賑やかな中、3人の皆さんの力作をご紹介します。
  ・最優秀賞        小野小学校6年  平田ひなのさん
  ・(財)ソフトピアジャパン理事長賞
                                 小野小学校6年  丹羽菜々子さん
  ・SJ情場クラブ会長賞  小野小学校6年  高橋 あみさん

  これからも、気軽にソフトピアジャパンに来て、色々な魅力を探ってくださいね。

ソフトピアジャパンへ行こう!

ソフトピアジャパンセンタービルの1階にある福祉メディアステーションは、障がい者の情報リテラシーの向上と、社会参加・就労支援推進のため、多様な研修講座を開設して努力しているところですが、ソフトピアジャパンセンタービルに来ると思いがけず楽しいことも・・・・・
 ソフトピアジャパンセンターは、中部圏のITの拠点としての役割だけでなく、地域の活性化にも取り組み、多彩な行事を展開しています。その例として、韓流スターのグッズや全国の特産品販売、飛入り歓迎のロビーコンサート等々です。
 たまたま、去る日に福祉メディアステーションを訪れた人はビックリ!なぜなら、ロビーには、パトカーと白バイが鎮座し、周りはちびっ子たちで大賑わい。早速、記念のショットを1枚。
 ソフトピアジャパンにはサプライズが一杯、ぜひ福祉メディアステーションをご活用ください。
 皆さんのお越しを、スタッフ一同お待ちしています。

「謹賀新年」ミナモ来訪!

皆さま、明けましておめでとうございます。本年も福祉メディアステーションをよろしくお願い申し上げます。
 昨年は、東日本大震災を初め大きな災害に見舞われた年でしたが、人と人とのつながりの重要性が見直され絆という字に象徴された一年でもありました。平成24年はおだやかで幸多き年でありますよう心からお祈り申し上げます。
 さて、福祉メディアステーションに新年早々、福が舞い込んできました。AKB48なみの売れっ子「ミナモ」が超多忙スケジュールの合間を縫って訪問してくれました。
 いよいよ今年は、第67回国民体育大会(2012ぎふ清流国体:9月29日~10月9日)、第12回全国障害者スポーツ大会(2012ぎふ清流大会:10月13日~15日)が開催されます。昨年の山口大会では、国民体育大会で天皇杯4位・皇后杯3位、障害者スポーツ大会で金メダル32個獲得と、県勢は大活躍でした。間もなく冬季大会が1月28日から恵那市(スケート競技)で始まります。ミナモを初め、関係者のみなさん頑張ってください。そして、私たち県民こぞって岐阜国体成功のために協力・応援しましょう!

ミナモと写真撮影

P.S. 上映会と講演のお知らせ

ドキュメンタリー映画「普通に生きる」上映

『「普通に生きる」に描かれた力』と題した小林不二也氏の講演

  • と き:平成24年1月28日(土)13時30分から
  • ところ:大垣市情報工房5階 セミナー室
  • 参加料:無料
  • お問い合わせは下記へどうぞ
  • ※特定非営利活動法人 バーチャルメディア工房ぎふ
  • TEL・FAX:0584-77-0533
  • URL:http://www.vm-studio.jp
  • E-mail:

    info@mail.vm-studio.jp

「いちごいちえ」コンサート

皆さんは「いちごいちえ」と聞いて何を思われますか?
 ほとんどの人が「一期一会」という語を思い浮かべられることと思います。ところが、これは楽器の名前なのです。
 「一五一会」と書きます。ギターに似た4弦の楽器で、岐阜県可児市にある「ヤイリギター」で製造されています。
 ヤイリのギターといえば、ビートルズのポールマッカートニーや長渕剛、GLAYが愛用していることで有名なのですが、もっと生活と音楽が身近になるようにと、指1本で演奏可能な楽器の開発を沖縄出身のバンド「BEGIN」とヤイリとで考案したそうです。
 この楽器を使って演奏活動を行っているのが「ザ・オンリーワンズ」です。不慮の事故などで上下肢の機能が失われた人たちが主となり、音楽を通して生きる喜びや楽しさを表現しています。
 写真1は、11月19日に大垣市の大垣城ホールで「かがやきライフタウン大垣2011~秋のつどい」に出演したとき。堀内孝雄の後の演奏とあって皆さん緊張気味。写真2は、11月29日に岐阜県ふれあい福寿会館で開催された「ふれあいアトリウムライブ!」に出演した時のもの。
 12月11日(日)には、岐阜市のハートフルスクエア-Gの2階で13時50分から出演の予定です。
 ぜひ、皆さん聴きにいらしてください!